店長日記

42

<見つけた記事・一部抜粋>
青森のブランドマグロ、「大間のマグロ」が記録的不漁。
すし店から、悲鳴が上がっている。

ピンク色の身に、キラキラと光る脂。
青森・大間町で水揚げされた、大間のマグロを使った握り。

別名「黒いダイヤ」などと呼ばれる、クロマグロ。
特に大間のマグロは、2018年1月の初競りで、405kgのマグロ1匹が
3,645万円で競り落とされるほど、人気の高さを誇る。

しかし今、その大間のマグロが大ピンチだという。
秋以降、記録的な不漁が続いていて、大間町漁協によると、
11月末までの累計漁獲量が2017年のおよそ3分の1と、大幅に減少しているという。

そもそも、絶滅のおそれがあるとして、2015年から1年間の漁獲量に制限が設けられているクロマグロ。
大間の漁師たちは、より値段が上がる冬場の漁獲分を残すため、苦肉の策として、
夏場はあえて、漁に出る日数を減らしていた。
しかし、冬場もマグロがとれない。

なぜ、勝負をかける冬場になってもマグロがとれないのか。
大間漁協では、餌となるイカなどが減少していることが大きな原因だとみている。
もともと数が少ないうえに、世界中で乱獲したことにより、
クロマグロの数が減っていることが根本的な原因だと指摘する。

<個人的意見>
この時期になるとマグロ漁の様子をTVで放送するのよく見る。
寿司店が高価な値段で競り落とすのも恒例。
数が減ると消費者のふところにも影響するね。
<見つけた記事・一部抜粋>
まもなく生後4カ月の赤ちゃんパンダが、よちよちと自分で歩くようになった。

少しふらふらしながら一生懸命歩いているのは、
8月、和歌山・白浜町のアドベンチャーワールドで生まれた、
ジャイアントパンダの赤ちゃん。

10日、公開時間中に来園者たちに見守られながら歩き出したという。

まもなく生後4カ月を迎え、生まれた時に75グラムしかなかった
体重は、5.7kg以上に成長、体長も75cmになった。

<個人的意見>
ますます元気に育って園の人気者になって欲しい。
<見つけた記事・一部抜粋>
神戸市漁業協同組合が、「ご当地サーモン」の養殖に乗り出した。
地名を冠し海で育てたサーモンのご当地ものは兵庫県内で3番目だが
卵から成魚までを県内で一貫養殖するのは初めて。
順調に育てば、来年5月にも純県産の“神戸サーモン”が出荷される。

明石鯛、関さば、間人がになど特定の海域でとれる魚介類のご当地ブランドは多いが、
近年は需要が堅調なサーモンのご当地ものも登場。全国で50種類以上が養殖されているという。
多くの産地でサケ科のニジマス、サクラマスの稚魚を淡水で20~30センチに育てた後
脂の乗りやすい冬の海水域で約1メートル、体重2キロ近くにして春ごろに出荷する。

同市漁協は、宍粟市の養殖場で採卵・育成したニジマスの稚魚を使用。
今月初めから神戸市須磨、垂水両区の沿岸3カ所に設けたいけすに移して養殖を始めた。

<個人的意見>
サーモンの養殖に必要な養魚飼料は マス用飼料 でいいのだろう。


 
 
<見つけた記事・一部抜粋>
キャベツに続く新たな特産品を生み出そうと
群馬県嬬恋村がチョウザメの養殖実験に取り組んでいる。
村内の養魚池で地域住民が中心となって飼育。
11月下旬には宿泊施設などの関係者を招き
魚肉のさばき方や調理方法を学んでもらう調理・試食講習会を開いた。
世界三大珍味の一つとして知られる塩漬け卵「キャビア」の生産も視野に入れ
商品化に力を入れている。

使われなくなった同村大笹の養魚池2カ所を利用し
現在、約150匹の稚魚や成魚を飼育。
チョウザメ養殖と農産物の水耕栽培に取り組む。

試食会での参加者の感想は「おおむね好評」(村担当者)。
今後は商品化への準備を加速させる方針で、村内のほか
長野県軽井沢町のホテルなどにも売り込んでいく。
養殖を民間業者に移行させたり
クレソンの水耕栽培に取りかかったりする考えもある。
担当者は「民間への移行が大きな目標。良質な魚肉をPRし新たな特産品にしたい」

<個人的意見>
山口県では、すでに企業が養殖をスタートさせており
弊社のとり扱う マス用飼料 を採用していただいてる。
<見つけた記事・一部抜粋>
5日午前、兵庫県西宮市の津門川で「川が白く濁り、魚が死んでいる」と
住民らから同市などに通報があった。
同市によると、同市上甲東園6の付近から下流にかけて川の水が白濁し
コイやフナが浮いて死んでいるのが見つかった。
水はモルタルを含んで濁っており、同市は人体に影響はないとしている。

同市環境保全課によると、川の水が白く濁っているのは
山陽新幹線六甲トンネル入り口付近からといい、近くにあるトンネルの
湧き水をためる貯水槽でモルタルを含んだ水が見つかった。
貯水槽の水は水路を通じて津門川に流入しているといい、同市などが原因を調べる。

<個人的意見>
人体に影響がないのは何よりだが、コイやフナが死んだことで
川の生態系に影響がでそうで心配である。
<見つけた記事・一部抜粋>
農林水産省は4日、和牛の受精卵を中国に持ち出そうとした事案が
7月にあったとして、家畜伝染病予防法違反の疑いで
刑事告発の手続きを進める方針を示した。
農水省によると、大阪府の男性が、ストロー数百本を
液体窒素のボンベに入れて中国に持ち込もうとした。
中国当局に止められ、日本に戻った際に動物検疫所が把握した。
ストローの中身は「和牛の受精卵」と説明しているという。

和牛の精液や受精卵は、日本からの輸入条件が決まっている国がなく
持ち出しはできない。今回は出国時に男性が申告せず把握できなかった。
男性は「依頼された」と説明しており、農水省は事実関係の確認を進めている。

吉川貴盛農水相は4日の閣議後会見で「大変遺憾。今後、告発の手続きも進めたい」と話した。
農水省は再発防止のため、航空、船舶会社や、生産者団体に注意を促すとともに、
特徴的な輸送容器を輸出しようとした者がいた場合は動物検疫所に報告するよう要請している。

<個人的意見>
やっと政治家が仕事らしい事をしたなという感じ。
農水省の対応には共感できる。



<見つけた記事・一部抜粋>
神戸市東灘区の住吉川ではアユの産卵が始まっている。
体色が産卵期特有の黒とオレンジに変わった「さびアユ」と呼ばれるアユが
河口に近い川底に群れ、時折小石に体をこすりつけるように卵を産み付ける。

住吉川は2011年から、自然保護団体が県神戸土木事務所などと協力して魚道を整備。
アユは約3キロ上流までさかのぼり、生息数も年々増えているという。

産卵は水温が20度を下回ると始まる。1匹のメスに、10匹以上のオスが群がって行動する。
ふ化した稚魚は海でプランクトンを食べ、来春までを過ごす。

<個人的意見>
養殖場でもアユの稚魚用飼料が必要となってくる。
稚魚用は あゆっ子1~4号 あゆ稚魚用EP1、2 が対象飼料となる。


<見つけた記事・一部抜粋>
山口県下関の冬の味覚トラフグ。
今シーズンのアメリカへの輸出が始まりました。

「こちらが輸出されるトラフグです。
毒のある部分はすべて取り除いて急速冷凍されています」

30年目を迎えるアメリカへの輸出。
今シーズンの輸出はおよそ1トンを見込んでいて、
第一便のきょうは400キロの養殖トラフグが出荷されました。
トラフグは、おととい保健所職員の立ち合いのもと、下処理されました。

「まだまだこれからだと思うので、引き続きがんばって
下関のフグの魅力を国内外の方々に伝えるのが仕事だと思ってがんばる」

トラフグは現地の日本料理店で、刺身やフグ鍋として提供されるということです。

<個人的意見>
弊社のフグ養殖をされている方も ホワイト・ホワイトフロート を使用され
頑張っておられます。
冬の鍋料理を堪能あれ。
<見つけた記事・一部抜粋>
宮城生まれの品種「もういっこ」と「とちおとめ」を交配して誕生した
宮城県オリジナルの新たなイチゴが来年デビューすることになりました。

「震災を乗り越え、みんなに笑顔を届けたいという思いから『にこにこベリー』と名付けました」

26日、県がお披露目したのは、宮城県のオリジナル品種「にこにこベリー」です。
「もういっこ」と「とちおとめ」を交配させ、12年かけて開発されました。
品種選抜を繰り返し、植えられた3万粒以上の種の中から選ばれた、まさに「奇跡の一粒」です。
果肉は鮮やかな赤で「もういっこ」より酸味が少なく、甘さとのバランスが良いのが特徴です。
また、11月から6月まで栽培可能と、他のイチゴよりも長い期間、収穫が可能、
生産量の増加や販路の拡大が期待されています。

<個人的意見>
新しい品種を開発するのに12年もかかったことに頭が下がります。
その分、販路拡大してもらいたいです。
いちごの生産には ミネラールW もいいですよ。

<見つけた記事・一部抜粋>
駿河湾特産のサクラエビが深刻な不漁に見舞われている。
静岡県桜えび漁業組合は初めて漁期短縮や出漁船の制限などの自主規制を設け、
来月24日までの秋漁期間のうち、今月は休漁を決定。再開のめどは立たず、
サクラエビの加工品販売にも影響が出始めている。
サクラエビは国内では駿河湾だけで水揚げされ、春漁(3~6月)と秋漁(10~12月)を行う。
昨年の水揚げ量は1132トンで、過去20年でピークの1999年から半減。
今春は312トンと、統計が残る1974年以降、春漁では最低だった。
原因ははっきりと分からないが、サクラエビの生態に詳しい
東海大の鈴木伸洋教授は「取りすぎと考えられる」と指摘する。
不漁を受け、静岡市清水区の由比港漁協直営でサクラエビを使ったメニューが
人気の「浜のかきあげや」は、今月中旬から営業日を週6日から週3日に短縮してやりくりしてきたが、
在庫が底をつき、26日から一時休業することとした。

<個人的意見>
同じエビでもクルマエビの養殖は行われているがサクラエビについては難しいのだろう。
サクラエビのかきあげが食べれないのは残念である。 
<見つけた記事・一部抜粋>
ウミガメの生態や保護活動について理解を深めてもらおうという「移動教室」が18日、九十九里町で行われました。
移動教室は、絶滅が危惧されているアカウミガメの生態や保護活動を知ることで、子ども達に環境に対する
意識を高めてもらおうと鴨川市の鴨川シーワールドが千葉県内各地で行っています。

今回の授業は、九十九里町の「海の駅九十九里」で行われ、先生役の飼育員が動画などを使って、
卵の保護活動やウミガメの生態について説明しました。そのあと、30センチ程に成長したカメと、
手のひらサイズの子ガメに対面。子ども達は本物のウミガメを大喜びで手に持ったり、
甲羅を指でそっと撫でたりと間近で観察し、ウミガメとのふれ合いを体験しました。

<個人的意見>
カメの飼育用のエサは、なんと 「ウナギハイジャンプ」 で行けそう。
ウミガメは大事に保護してして欲しい。
<見つけた記事・一部抜粋>
はなっこりーの産地見学会は19日、山口市名田島の農園で開かれた。
市内の学校栄養士6人が栽培状況の解説や農園の見学を通して、地元産農産物への理解を深めた。  
栽培・出荷の状況や安定供給に向けた生産者の工夫、品種改良などについて説明。
生産者の高齢化や作業性の影響で、作付け面積が減少傾向にあることなど課題にも触れた。
今年10月から出荷されている新種「はなっこりーE2」の試食もあった。
「安全に栽培されていることや生産者の思いを子どもたちに伝えてもらえれば」と語った。

<個人的意見>
土づくりは、土壌活性剤「めぐみ」 肥料は果菜用「アジプラス」で対応できるのでは。
<見つけた記事・一部抜粋>
山口県立きらら浜自然観察公園(山口市阿知須、TEL 0836-66-2030)に
白鳥が飛来しており、優雅な姿を見せている。(山口宇部経済新聞)

飛来したのは、主に北海道や北日本に渡ってくるオオハクチョウ。
11月8日に1羽が園内「淡水池」で観察されると、翌日にもう1羽が飛来。
県内にはハクチョウの越冬地はないために見られることは珍しく、
同園に飛来したのは2008年以来10年ぶりになるという。

1日でも長くいてくれることを願うばかり」とほほ笑む。

<個人的意見>
白鳥が来て、さらに園内の「淡水池」も綺麗に整備されれば
山口のスポットがよりクローズアップされていい事だと思う。
池にコイや在来種を増やすのはどうだろうか?
お盆休みは8月13・14・15日です。
8月11日・12日は祝日及び日曜日でお休みです。
運送業者も混雑が予想されます。
ご理解とご協力をお願い致します。
台風の影響で配送が遅れることがございます。
ご理解の程よろしくお願いします。
魚粉高騰のためメーカーより価格改定がありました。
弊社も企業努力をしてまいりましたがこの度
6月1日出荷分より値上げをさせていただきます。
何卒事情ご高察の上、ご理解いただきますよう
お願い申し上げます。
ゴールデンウイークのお休みは
4月28日より5月6日までとさせていただきます。
ご理解とご協力お願いします。
宅配料金の見直しにより一部値上げします。
又、振込先をゆうちょ銀行に統一しました。
ご理解とご協力をお願い致します。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。