熊野牛の品質向上

<見つけた記事・一部抜粋>
紀南和牛改良組合(打越章介組合長)が主催した初めての母牛品評会
「紀南種牛共進会」が30日、和歌山県田辺市秋津町の県熊野牛子牛市場であった。

組合は、紀南で熊野牛の安定生産や経営強化を目的に2017年1月に設立し、
昨年4月に全国和牛登録協会に認定された。
紀北には10年に設立した同様の組合はあったが、紀南にはなかった。
御坊市以南の繁殖を手掛ける畜産農家15戸が所属している。

品評会は、17年9月にあった全国和牛能力共進会への出品をきっかけに、
牛の改良技術向上への機運が高まり、開催することが決まった。

県畜産試験場の松田基宏場長ら4人が、バランスの良い成長や
大きさ、毛並み、姿勢などを見て、子どもをたくさん産み、上手に育てられるか
どうかを審査し、両部門で上位3頭を選んだ。
.
<個人的意見>
肥育した牛が共進会で評価されるのが農家さんの励みとなるだろう。