畜産の新規参入

<個人的意見・一部抜粋>
兵庫県は高級ブランド和牛「神戸ビーフ」の生産力を高めるため、
2019年度、畜産に新規参入する企業の支援に乗り出す。
国内外の需要拡大の一方、神戸ビーフの関連農家は高齢化。
産地に企業を呼び込むことで安定供給につなげる。

県畜産課内に畜産参入支援センター(仮称)を新設し、
県と各市町が管理する空き地や廃校跡地、
耕作放棄地などの情報を専任職員が収集する。
ふん尿などの影響も考慮した上で候補地リストを作り、
参入希望の企業に情報を提供。
参入後の経営を支援し、離農予定者から
牛舎や牛を引き継ぐための相談にも応じる。

<個人的意見>
県と市町が連携して農業を活性化させるのはいいことだと思う。
山口県も是非やって欲しい事業である。