画期的 ベニザケ 養殖

<見つけた記事・一部抜粋>
画期的!ベニザケ養殖 岡山理科大が初出荷 好適環境水で育つ、16日から販売

岡山理科大(岡山市北区理大町)は14日、
ナトリウムやカリウムなどを混ぜた「好適環境水」で養殖した
ベニザケ(約40センチ)を初出荷した。
16日から岡山県内や首都圏の百貨店などで販売される。

同大は広島県安芸太田町と共同で、2017年11月に岩手県の川で生まれた
ベニザケの稚魚・ヒメマス約1500匹を好適環境水で養殖。
そのうち約1100匹が育ち、ベニザケの特徴の身の赤みは薄いものの、
淡水と比べ重さが5倍の約1キロまで成長した魚もいるという。

<個人的意見>
水も大事だろうがエサはどうしたのだろうか。
このような事例は、大学などの研究機関が必要だろう。