ボラの生態

<見つけた記事・一部抜粋>
2月15日、兵庫・姫路市の住宅地にある用水路で
目撃されたのは、川面を黒く埋めつくす“ボラ”。
数万匹はいるでしょうか...あまりの数に
中には身動きが取れていないボラの姿も。

ボラの生態に詳しい近畿大学農学部水産学科 渡邊俊講師によると
「春先に群れで淡水域まで幼魚が遡上(そじょう)することで知られていますが
種や地域によっては、成魚も遡上します。

河口域を生活の場所にするので
『水の汚染に強い体質』といった印象があるボラですが
群れで小さい河川へ間違って入ってきたところを人が確認することで
大量発生しているように見える...ということが、正しい見方かと思います」と、話していました。

あまり流れのない川に大勢集まると、水中で酸欠となり、大量死も懸念されるそう。
住宅地に突如出現した「ボラの大渋滞」...無事、解消してくれるといいですね。

<個人的意見>
ボラは釣りで外道とされてしまう代表魚で
釣れても臭くて食べれないことが、嫌われる原因。