和牛の精液流失元

<見つけた記事・一部抜粋>
和牛の受精卵などが、中国に持ち出されそうになった事件で
流出元は、徳島県の畜産農家と特定されたことがわかった。
この事件は去年7月、大阪府内の飲食店経営者が知人に依頼し、
和牛の受精卵などが入ったストロー数百本分を、中国に運ぼうとしたもの。

捜査関係者などによると、受精卵の入った容器の販売ルートなどから、
流出元は、徳島県の畜産農家であることがわかり、
経営者の70代の男性は「面識がない人物に数百万円で売った」と話しているという。

男性は受精卵を譲渡する際に必要な証明書の交付をしておらず、
警察は、畜産農家をすでに家宅捜索し、詳しく調べている。

<個人的意見>
お金に困ってたかもしれないが、身勝手で許されない行為が
日本の畜産に大きな被害を出すという事を認識していない。